沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で2日午前10時ごろ、女性遺棄事件に抗議するため、市民約70人が基地内から出てくる車両を止めようと座り込んだところ、米軍パトカーが市民に近づきサイレン音を鳴らした。

けたたましい米軍パトカーのサイレン音に耳をふさぎながら、抗議の声をあげる市民ら=2日、名護市辺野古キャンプ・シュワブゲート前

 ゲート前では、車両1台が通行するスペースを開けて抗議する市民に対し、午前10時40分、米軍パトカーが近づき、サイレンを鳴らし始めた。10分後には2台目のパトカーが加わり、午前11時10分までの30分間、サイレン音を市民らに向け、鳴らし続けた。

 市民と米軍パトカーとの距離は約30センチ。市民らはけたたましい音に耳をふさぎながら、「どこまで占領意識なんだ」「鼓膜が破れかねない大音量で人権無視だ」と声をあげた。