重量挙げのリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた全日本選手権第1日は21日、山梨市民総合体育館で男女計5階級を行い、男子62キロ級は糸数陽一(豊見城高-日大出、警視庁)がスナッチで128キロ、ジャークで日本新記録の168キロを挙げ、トータル296キロで3年連続4度目の優勝を果たした。

男子62キロ級 ジャーク日本記録の168キロの日本新記録を挙げ、3年連続4度目の優勝を果たした糸数陽一=山梨市民総合体育館

女子48キロ級 優勝した大城みさきのスナッチ

男子69キロ級 初優勝した宮本昌典のジャーク

男子62キロ級 ジャーク日本記録の168キロの日本新記録を挙げ、3年連続4度目の優勝を果たした糸数陽一=山梨市民総合体育館 女子48キロ級 優勝した大城みさきのスナッチ 男子69キロ級 初優勝した宮本昌典のジャーク

 69キロ級は宮本昌典(沖縄工高-東京国際大)がスナッチで143キロ、ジャーク170キロのトータル313キロで初優勝。スナッチとトータルは日本ジュニア記録、大学記録を更新した。

 女子48キロ級は大城みさき(ハーツ&ハーツクリニック)がスナッチ81キロ、ジャーク96キロのトータル177キロで4年連続6度目の優勝。糸数加奈子(豊見城高-金沢学院大出、自衛隊)はトータル161キロで3位だった。53キロ級は2012年ロンドン五輪代表の八木かなえ(ALSOK)がスナッチ85キロ、ジャーク109キロのトータル194キロで2年連続3度目の優勝を果たした。佐渡山彩奈(宮古高-平成国際大)はトータル177キロで2位。

 女子は三宅宏実(いちご)が既にリオ五輪代表に決定。残る女子3人と男子1人は今大会などの結果をもとに28日の理事会で決定する。