外務省沖縄事務所の水上正史沖縄担当大使は20日、元米海兵隊員で軍属による女性遺体遺棄事件の抗議に訪れた社民党県連の「人命を守る責任は誰にあるか」との質問に対し「政府にある。県にも県警にも、地元の警察にもある」と回答した。