最近、初めて電子書籍を買った。人と会う数日前の夜に思い立ち、次の瞬間にはその人の著書が手元に。会うまでに読み終えて、その本をめぐって貴重な話を聞くことができた

 ▼使ってみると、なかなか便利だ。紙の本と同じで読み進んだページにしおりを挟めるし、気になる所は蛍光ペンも引ける。違うのはデジタルの得意技である検索。目的の文章にピンポイントでたどり着く

 ▼スマートフォン内の仮想本棚にお気に入りの本を並べて、どこへでも持ち出せる。両手で本を広げておく必要がないので、食事中でも寝転がっていても読みやすい

 ▼ただ、当然ながら「本を手にする喜び」はない。そもそも電子書籍は所有もできないようだ。規約を見ると、私たちは本のデータを利用する権利を買っているだけで、サービスが終了すれば読めなくなる。つまり蔵書が消える

 ▼その点、紙の本は良くも悪くもずっとそこにあり続ける。狭い自宅を圧迫する反面、それが少し自慢でもある二面性。「蔵書の苦しみ」「本で床は抜けるのか」という本のタイトルが本好きの屈折をよく表している

 ▼人が持っている本をたまたま見かけて未知の世界に出会うことは多い。手から手へ、貸し借りできるのも形あるからこそだ。デジタルは便利だが、アナログ的な無駄、余白の部分もやはり捨てがたい。(阿部岳)