元海兵隊員で米軍属の男による女性遺体遺棄事件について、島尻安伊子沖縄担当相は22日、「残忍卑劣。暴行目的であれば、一女性として犯罪への嫌悪感を大変強く感じている」と述べた。那覇市内で、子どもの貧困対策に関わる県内のNPO団体などと懇談後、報道陣に答えた。同日未明に北谷町内で米海軍兵が酒気帯び運転で逮捕されるなど、米軍関係者の不祥事が続いていることには「綱紀粛正、再発防止というのが空念仏のようなものになってはいないか。どこに向けていいか分からない怒りで、自分の気持ちの整理もつかないくらいだ」と強い憤りを示した。

島尻安伊子沖縄担当相

 一方、事件に抗議する県民大会の開催や、県や市町村議会で抗議決議の動きが相次いでいることに関し、自民党県連会長としての対応を問われると「その内容、目的について詰まっていないと思うので、ここでのコメントは控えたい」と説明。基地を提供する日本政府の責任や全基地撤去を求める声が強まっていることにも、言及しなかった。