元米海兵隊員の軍属による女性遺体遺棄事件で、沖縄県警特別捜査本部は2日午後0時20分ごろから、恩納村安富祖の遺棄現場で捜索を始めた。捜査員らが、雑木林の茂みを金属探知機を使って、調べる様子が確認された。

遺体遺棄現場の近くで金属探知機をつかう捜査員ら=2日午後0時30分ごろ、恩納村安富祖

 捜査関係者によると、県警が死体遺棄容疑で逮捕した米軍属の容疑者は「女性を暴行し、刃物で刺した」と供述している。捜査本部は、犯行に使用されたとみられる刃物や女性のスマートフォンの発見を急いでいる。