沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは24日も米軍キャンプ・シュワブのゲート前で集会を開いている。

米軍車両の通行を阻止しようとする市民らを排除する県警機動隊員ら=24日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 午前9時ごろには約60人が集結。米軍属による遺体遺棄事件に抗議し、ゲートを出入りする米軍車両の前に立ちふさがったが、沖縄県警機動隊員らが何度も排除した。

 機動隊による排除の際に、80代の女性1人が転倒して後頭部を打ち、救急搬送された。