【読谷】読谷村渡具知出身で、62年前からハワイに住む仲宗根シゲ子さん(83)がこのほど、自らの沖縄戦体験を、自分史「沖縄の悲劇は名もなき港から」にまとめた。1943年に実家近くの渡具知の浜から旧日本陸軍の兵士が上陸したことや、飢えに苦しんだヤンバルへの避難などがつづられる。