【東京】元米海兵隊員で米軍属による女性遺体遺棄事件を受け、衆院安全保障委員会が24日、開催された。政府与党の自公を含め6党が質疑に立ち、日米地位協定のあり方について疑義を呈した。政府側は、必要に応じて運用改善を検討する考えは示したものの、抜本的改正は否定した。