海兵隊の全面撤去は、翁長雄志知事が県政運営の柱に掲げる「米軍普天間飛行場の辺野古移設反対」より踏み込んだ要求になる。 辺野古の新基地は弾薬搭載エリアや揚陸艦の接岸できる護岸など普天間にない機能が加わり、「使い勝手の良い、強化された基地」というのが県側の認識だ。