海水温の大きな変化や日照不足による生育不良で、モズクの生産が落ち込んでいるのを受け、宮古島漁協(渡真利一夫組合長)は食用に適さないモズクを工業用として出荷する取り組みを進めている。