沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は25日、個人旅行の外国人観光客を中心に相談を受け付けている「多言語コンタクトセンター」サービスの2015年度の実績を発表した。英語や中国語、韓国語で対応し、総件数は計7211件に上った。