【嘉手納】嘉手納町議会(徳里直樹議長)は26日午前の臨時議会で、「米軍属による女性死体遺棄事件に対する意見書」と決議案を全会一致で可決した。事件について「断じて許せるものではなく、激しい怒りを覚える」とし、米軍基地の整理・縮小と日米地位協定の抜本的な見直しなどを求めている。