安倍晋三首相が25日、オバマ米大統領と三重県志摩市のホテルで会談した際、米軍普天間飛行場問題に関し名護市辺野古の新基地建設が「唯一の解決策」との考えを伝えていたことが分かった。事件を受け米軍基地に県民の反発が強まる中、遺体遺棄事件に抗議し、再発防止を申し入れる傍らで辺野古計画の推進を強調する姿勢に、批判が高まるのは必至だ。

 翁長雄志知事は26日、発言に関し「沖縄の民意や県民に寄り添うことに何ら関心がない」と安倍首相を厳しく批判。

 首相が取り戻すという日本の中に沖縄は入っているのかと疑問を呈した上で、日本政府を「法治国家というが、県民を放っておくという『放置国家』と言わざるを得ない」と痛烈に皮肉った。

 また、会談では翁長氏が求めたオバマ大統領との会談に関し、安倍首相から言及がなかったことも分かった。