三重県で開催中の伊勢志摩サミットをうけ、那覇署は23~27日、管内のテロを警戒したパトロールを行っている。

モノレールの駅構内を警戒する警察官(提供)

 同署は、警戒実施班をおいて、モノレールの駅や管内にあるショッピングセンターなど、人が多く集まる場所を重点的にパトロールしている。25日には、那覇市若狭の那覇港大型旅客船バースで外国人観光客を狙ったテロ対処訓練を行い、関係機関との連携を確認した。

 同署の山内敏雄副署長は「テロは不特定多数が集まる場所で行われる。未然に防止するため、警戒を強化している」と語った。