任期満了に伴う第12回県議会議員選挙が27日午前、告示され13選挙区の定数48に対し、午前10時現在で70人が立候補を届け出た。6月5日投開票までの政治決戦が幕を開け、県内各地で候補者が第一声を上げ有権者に支持を訴えた。

県議選が告示され、各候補者の出陣式に多くの支持者が詰め掛け熱気にあふれた=27日午前、本島内

 翁長雄志県政で初の県議選は、現職が安定多数を持つ与党が過半数を維持できるかが焦点となり、翁長県政の中間評価の意味合いも含まれる。

 政策では米軍普天間飛行場返還をめぐる名護市辺野古の新基地建設問題、子どもの貧困対策のあり方や経済、教育、福祉政策の充実が争点となっている。