那覇市内のホテルで熟睡していた観光客の女性を暴行したとして準強姦の罪に問われた米軍キャンプ・シュワブに所属する1等水兵の被告(24)の初公判が27日、那覇地裁(潮海二郎裁判長)であった。同被告は起訴内容を認めた。

準強姦罪に問われた容疑者の初公判が開かれた那覇地裁第204号法廷=27日午前、那覇市樋川(代表撮影)