羽田空港で27日に発生した大韓航空の機体エンジントラブルによる影響で、羽田空港などを発着する沖縄関係路線では日本航空(JAL)や全日空(ANA)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、スカイマークの4社で合わせて、24便が欠航、11便が遅延となった。欠航で計4224人に、遅延では最大で3時間15分の遅れが出て、計2213人に影響を受けた。