【宮古島】フジドリームエアラインズ(FDA)が11月から来年3月にかけて、仙台や佐賀、大分、福島、静岡などの空港と宮古空港を結ぶチャーター便100回(提供座席数・計約8千人)の運航を予定している。FDAの米原慎一取締役副社長、青山修一営業企画部長が27日、宮古島市役所に下地敏彦市長を訪ね、報告した。