子どもの貧困対策の一環で翁長雄志知事は28日、与那原町内の民間アパートなどで母子世帯の自立を支える県母子寡婦福祉連合会「ゆいはぁと」と、PTAや地域住民が運営する「てぃーだこども食堂」を週1回開く浦添市立うらそえぐすく児童センターを視察した。先行した支援活動で知られる両施設について「大変模範的な取り組みだ。市町村と相談しながら、これを地域の実情に合わせた形で全県的に広めていきたい」との考えを示した。

昼食をつくる子どもたちの様子を見る翁長雄志知事(中央)=浦添市仲間、市立うらそえぐすく児童センター

 子どもの貧困問題をめぐる知事の施設視察は、4月に続き2回目。児童センターでは、松本哲治浦添市長が市内全11小学校区に児童館が整備されている状況を説明した。

 こども食堂の運営代表で浦添小PTAの梁裕之会長は、近隣3小学校PTAの協力で集めた服を困窮する子へ提供する活動から、社会福祉協議会や地域の有志らによるこども食堂へと発展した経緯を紹介。「児童館がない地域は自治会の活用が有効だ。高齢化する自治会に若者が参加するきっかけにもなる」と語った。

 ゆいはぁとでは、小那覇涼子統括責任者から事業内容の説明があったほか、地域や入居世帯の子どもたちが学習支援を受ける様子を見守った。