在沖米軍トップのローレンス・ニコルソン四軍調整官が沖縄メディアへの異例の会見を開いた。背景には、女性遺体遺棄事件により県内世論に在沖海兵隊の撤退、さらには全基地撤去の要求が広がることへの米側の強い危機感がある。