男子走り高跳びで2メートル13の県高校記録を持つ奥濱練真(中部商3年)が、負傷している足首を気にしながらも唯一の2メートル超えとなる2メートル01を跳び、連覇を果たした。 4月の記録会で17年ぶりに県高校記録を塗り替えた後、足首を痛めて調子を崩した。