【石川達也通信員】ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長)は15日、本部会館で「ウチナーンチュ文化アイデンティティーの問題」をテーマに第9回沖縄フォーラムを開いた。「自身にとっての沖縄文化」「沖縄文化の特質」などに関する5人の発表が行われ、約200人が熱心に聞き入った。

沖縄フォーラムで開会あいさつをする島袋会長と発表者、コメンテーター=ブラジル・沖縄県人会本部会館

 島袋会長は開会のあいさつで「世代を超えた文化継承について考えて」と語り掛け、比嘉アナマリア実行委員長も「互いの経験を交換する中で沖縄文化の価値を確認できる機会」と述べた。

 最初の発表は宮城あきらさんの「沖縄文化の特色」。島の歴史を振り返り、「ウチナーンチュの魂、普遍的な文化を、子孫がどう継承していくかが最も大きな問題だ」と述べた。

 アマンデウ・シゲオ・アルメイダさんは「ニセタ・ツアー」について発表。若者に沖縄文化に興味を持たせるために、世界各国の県系青年が年に1度集まり、絆を強めるイベントのことだ。1月に当地で開催し、若者の活動意欲を高めた。「三線教室では先生、生徒といった関係ではなく、友達の立場で教え合うことで友情をつくり上げた」との工夫を報告した。

 井豆ジュリアナ・サユリさんは「琉球舞踊と私のウチナーアイデンティティー」をテーマに語った。故島袋順子先生と出会って琉球舞踊を始め、県立芸術大学へ留学、踊りを通して交流を深めてきたと発表。

 与那嶺・カミヤ・セルジオ・トシオさんは「エイサー太鼓を通じた若者へのウチナー文化アイデンティティーの形成」について述べ、琉球国祭り太鼓で活動してきた経験をもとに人格形成への影響を論じた。

 「文化は動的で常に変化する。コミュニティーの中で育ってきた人はその文化を自然に吸収する。ブラジルの文化や国民性はまだ途上にあり、ウチナー文化を広げることでより良い国づくりに寄与できる段階にある」とした。

 上原テリオさんは「生き方を形作る上でのウチナー文化の重要性」として「両親の働く姿を見て学び、その教えを実践してきた。慈善活動に貢献できる喜びやコミュニティー活動に参加することの重要性」を語った。

 第2部では熱心な討論が行われ、レキオス芸能同好会がにぎやかな太鼓などを披露した。来場者の県系2世、嘉陽茂子アメリアさん(78)は「沖縄の文化や歴史がよく分かった」と満足げな様子だった。