【中城】第125回県学童軟式野球の中城ブロック大会(第2回ワラビー杯)が29日、村の吉の浦球場を主会場に、全県17ブロックのトップをきって開幕した。中城、北中城、西原の2村1町から計13チームが出場し、1回戦5試合が行われた。県大会に派遣される上位2チーム入りを目指して6月5日まで熱戦を繰り広げる。

中城ブロック開会式で、選手宣誓する中城南ウィンズの比嘉琉斗主将(中央)=29日午前、中城村・吉の浦球場

 開会式で、前大会優勝の中城南ウィンズの比嘉琉斗主将(6年)は「監督、コーチ、保護者の方々へ感謝の気持ちを伝えるため、一戦一戦全力プレーで戦うことを誓います」と選手宣誓した。入場行進賞には南上原タイガースが選ばれた。

 主催は県野球連盟中部南支部学童部中城ブロック。沖縄タイムス中城・北中城販売店会、西原販売店会が共催した。

 この日は浦添ブロックの開会式もあった。6月4日には、うるま、那覇、南部A、南部B、糸満などの各ブロックが開幕する。試合結果など詳細はフェイスブックページ「おきなわ学童野球スタジアム」。