女子浦添が団体組手の3連覇を果たした。優勝の瞬間、2年生3人を含むメンバー5人は輪になって歓喜。伊禮光国監督の「よく頑張った」との言葉に、うれし涙がこぼれた。 決勝リーグ最終戦は2勝同士の首里が相手。先鋒(せんぽう)で田場愛茄、次鋒の岡田桐香の2年コンビが連取し、勢いづいた。