元米海兵隊員の軍属による女性遺体遺棄事件で、沖縄県警特別捜査本部は30日午前、女性のスマートフォンの位置情報が途絶えたうるま市周辺で大規模捜索を実施した。

沿道沿いの草むらで遺棄事件の遺留品を捜索する沖縄県警の捜査員ら=うるま市塩屋

 捜索隊は約100人で、事件後最大の規模。死体遺棄容疑で逮捕された軍属(32)は黙秘を続けており、未発見の凶器や女性のスマートフォンなどの発見を目指す。

 午前10時すぎ、同市塩屋の県道33号沿いの草むらに捜査員が集まり、棒で雑草をかき分け、捜索を開始した。

 県警は24日、同市州崎の水路から女性のかぎと犯行に用いた可能性がある棒を発見している。捜索は州崎、前原などにも広げ、31日も継続実施する。