【北大東】北大東村議会(上間正巳議長)は30日午前の臨時会で、米軍属による女性遺体遺棄事件に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決した。抗議決議では「県民は戦後70年を経た今もなお、基地あるがゆえに多くの犠牲と過重な負担を強いられている」として、遺族への謝罪と完全な補償、米軍人・軍属などへの綱紀粛正と人権教育の徹底、基地の整理縮小を含めた日米地位協定の抜本的な見直しなどを、在日米軍司令官らに求めている。