元米海兵隊員の軍属による女性遺体遺棄事件で、県警特別捜査本部は30日、うるま市内の沿道の草むらで大規模捜索を実施し、女性が身に付けていた可能性がある物など数点を見つけた。捜査関係者によると、発見場所は死体遺棄容疑で逮捕された容疑者(32)が女性を襲った可能性が高い地点で、遺留品と事件の関係を慎重に調べる方針。

女性会社員が遺体で見つかった事件で、草むらを捜索する沖縄県警の警察官=30日午前、うるま市

 捜索場所は、人の背丈ほどの雑草が茂る道路沿いの民有地。同容疑者はこれまでの調べに「背後から女性の頭を棒で殴り、草むらに連れ込み乱暴した」と供述している。

 捜索で回収した物は、ウオーキングをしていた女性が身に付けていたものと類似するものがあり、襲われた際、付近に落ちた可能性がある。

 今回の捜索場所から約400メートル離れた同市州崎の水路では、24日に女性の自宅と車のかぎ、犯行に用いた可能性がある棒を発見している。

 一方、女性のスマホや事件に使用されたとみられる刃物などは発見できていない。捜査本部は31日以降も県内各地で捜索を続ける。

 那覇地裁は同日、死体遺棄容疑で逮捕された同容疑者の勾留を10日間延長する決定をした。期限は6月9日。