女子個人で名護2年生の友利璃南・金城紬女組が初制覇した。団体も3連覇し、13度目の優勝も達成。部員が10人と少ない中、卒業生を相手に練習し、力を伸ばしてきた。2人は「多くの支えがあって優勝できた。受け継がれてきた名護の伝統を守ることができてうれしい」と涙した。