石垣市大浜出身のプロキックボクサーで、ISKAインターコンチネンタルライトミドル級王者の廣虎(ひろと)さん(33)(本名=根間裕人、宜野湾市)が7月24日、沖縄市のミュージックタウン音市場で世界タイトルマッチに挑む。

世界タイトルマッチへの挑戦が決まり中山義隆市長(左)に報告したプロキックボクサーの廣虎さん=石垣市役所

 5月27日、石垣市役所に中山義隆市長を訪ね、「最後の挑戦と思って、しっかり準備を重ねて次こそ世界タイトルを取りたい」と抱負。中山市長は「これまで僕らも地元で応援し、悔しい思いをしてきた。ぜひ取って、みんなを喜ばせてほしい」と期待した。

 廣虎さんは今年1月、世界挑戦権をかけポーランドの選手と戦い1ラウンドKOで王座を獲得。その実績と実力が評価され、沖縄での世界戦が決まったという。対戦相手は、ISKA世界ライトミドル級王者のウィルフレッド・マーティン選手(フランス)。

 これまでムエタイで世界戦に2度挑戦したが、1回目はフルラウンド戦ったが及ばず、2回目はドクターストップで失敗した。キックボクシングに転向した今、3戦3KOと好調。実力が評価され最短での挑戦がかなった。

 「ムエタイと違ってパンチとキックが同じ点数で、自分の持ち味のパンチが生かせる」と廣虎さん。「ボクシング人生、すべてを賭ける。いつも皆に応援してもらって勇気をもらっている。ぜひ勝って恩返ししたい」と話した。