2015年に国内で発生した米軍関係者による一般刑法犯(自動車運転過失致死傷罪などを除く)の起訴率が約18・7%にとどまることが2日までに、NGOの日本平和委員会(東京)の調べで分かった。