世界最高峰の自転車ロードレース、7月開幕のツール・ド・フランスにリオデジャネイロ五輪日本代表の新城幸也(八重山高出、ランプレ・メリダ)が出場することが決まった。公式サイト「Teamユキヤ通信」は21日、所属チームが公式発表したと報じた。

新城幸也

 新城は2年ぶり6度目の出場。

 2月のレース中に左大腿(だいたい)骨を折った新城は、5日まで行われた日本各地を回るレース、ツアー・オブ・ジャパンで復帰を果たし、第7ステージで優勝を飾るなど、完全復活をアピールした。

 新城は「Teamユキヤ通信」で「けがをした自分にチャンスを与えてくれて、最後までセレクションに残してくれていたチームに感謝する。その信頼に応えようと、復帰まで頑張ってきた。フランスも無事に走り切り、五輪に勢いをつけたい」と喜びを語った。