【糸満】第21回市平和祈念祭(主催・同市)が18日、市摩文仁の平和祈念公園で開かれた。市内の各団体や児童生徒ら約300人が集まり、慰霊の日を前に、平和の礎の刻銘版をタオルで清めた。

刻銘版をタオルで磨く小学生ら=18日午前10時、糸満市摩文仁・平和祈念公園

 参加者は晴天の下、汗をぬぐいながらの作業。ガールスカウト県第25団の仲里笑美さん(8)=琉大付属小3年=は「ふき忘れがないように気を付けた。きれいになった」と満足そう。濵田佳奈さん(13)=島尻特別支援学校中学部1年=は「毎年心を込めて磨いている」と話した。

 県平和祈念資料館内ホールでは朗読会があり、市平和ガイド研修生の中高校生らが市の平和都市宣言文を読み上げて、反戦平和を願った。