シンバホールディングス(安里享英社長)は22日、グループ9社の株主総会をそれぞれ開き、同社執行役員秘書室長の仲村渠強氏(48)を常務取締役に、物流業のあんしん専務取締役の照屋勝士氏(49)を代表取締役副社長に昇格させるなどの役員人事を承認した。

仲村渠強氏

照屋勝士氏

玉城出氏

仲村渠強氏 照屋勝士氏 玉城出氏

 総合広告業の宣伝取締役の玉城出氏(45)が、広告事業のオー・シー・オー代表取締役社長に就いた。

 シンバホールディングスの新たな取締役に不動産業のプロデュースヨコハマ代表取締役の渡邊要氏(44)が就く。あんしんは、執行役員第1事業部長の仲地哲雄氏(42)が取締役本社営業部長に昇任。4月1日に大阪営業部長の田港雅彦氏(39)、福岡営業部長の上江洲謙氏(40)が執行役員に就任している。

 グループ9社の業績を単純合算した2015年度決算は、売上高が前期比0・9%減の142億3400万円、経常利益は3・4倍の4億8100万円の減収増益だった。純利益は2・3倍の3億5400万円。

 あんしんは適正価格確保のため、取引契約の見直しなどで業績を改善。売上高1・5%減の70億8千万円、経常利益15倍の1億8300万円となった。

 宣伝は大相撲沖縄場所などのイベント事業が好調で売上高1%増の29億300万円、経常利益17%増の7800万円だった。