高校野球の第98回全国選手権沖縄大会第3日は23日、沖縄セルラースタジアム那覇などで1回戦6試合を行い、那覇西、豊見城、陽明、名護、コザ、宜野湾が2回戦に進んだ。

 那覇西は二回までに、沖縄工に2点を先制されたがその裏に同点とし、六回に仲地来魁の適時打で逆転。5―2で制した。

 第2シードの豊見城は首里東に4―4と追いつかれた六回、相手エラーで勝ち越し、6―4で競り勝った。

 陽明は0―0の四回、開邦に4点を奪われたが、1点差に追い上げた八回、打者一巡で8点を挙げ、11―4でコールド勝ちした。名護は14安打を放ち、向陽を9―1の7回コールドで下した。 

 コザは6―3で北部農林を破った。宜野湾は12―0で球陽にコールド勝ちした。

 大会第4日は25日、コザしんきんスタジアムなど3会場で1回戦7試合を行う。