県農林水産部が22日発表した2016年産マンゴーの生産予測は1292トンで、統計のある14年産に比べ33%減少する見通しとなった。昨年の暖冬や年明けの寒波で開花数が落ち込み、全県的に大幅な減産となった。例年7月中旬となる出荷のピークも下旬にずれ込む見込み。