糸満市摩文仁の平和祈念公園で開かれた全戦没者追悼式を、今年も東京でテレビで見ていた。炎暑の中、平和の礎の前で手を合わせる人たちの話を聞くと、毎年ながら胸が熱くなる

 ▼いつごろからだろうか。追悼式で別の胸のざわつきを覚えるようになったのは。今年も安倍晋三首相に「帰れ」の怒号が浴びせられた。あいさつで基地負担軽減への取り組みについて触れると「本当にそう思っているのか」のやじも飛んだという

 ▼元米兵によるむごたらしい事件への憤りが渦巻いている時でもある。新基地建設反対の民意は無視され、沖縄戦の悲劇に上塗りするような基地問題の不条理が長く続いていることへの怒りがあろう

 ▼翁長雄志知事の平和宣言の前にも「政治利用するなよ、翁長。靖国神社に参拝してこい」と叫んだ男性が、会場から連れ出された。新基地問題で政権と対峙する知事への不満があったようである

 ▼昨年の首相へのやじでは、それを報じないテレビ報道に疑問の声が出たり、自民党の国会議員が、やじをいう人は県が動員したなどと無責任なことを言って物議をかもした

 ▼戦没者を悼み、対話し、社会の在り方を厳粛に考える追悼式である。何か言わざるを得ないほどの気の高まりがあるのは分かるが、その声に心がざわざわと複雑な思いを抱く人も多かろう。(宮城栄作)