【東】東村高江で米軍機オスプレイの低空飛行訓練が20、21の両日、昼間から深夜11時近くまで断続的に行われ、村が22日までに、沖縄防衛局に電話で2度抗議していたことが分かった。騒音の影響で睡眠不足から体調不良となり、児童が学校を欠席するケースも出ている。

夜間飛行するオスプレイ

 沖縄防衛局によると、21、22の両日、村企画観光課から「夜10時を過ぎてもオスプレイ3機が低空飛行を続けている」「騒音で子どもたちが眠れていない」などの住民からの苦情が電話で伝えられた。防衛局は22日、在沖米海兵隊に抗議の内容をメールで伝えると、米側からは「上司に伝える」とだけ返答があったという。

 区内に住む男性(57)は「騒音がひどく子どもたちが寝付けず、体調も良くなかったので(小学生2人と中学生1人の)3人とも休ませた。この状況が続くのは耐えられない」と嘆いた。

 仲嶺久美子区長は「特に就寝時間の深夜訓練は生活に支障も出る」と騒音被害を訴える。近く、伊集盛久東村長に面会した上であらためて訓練自粛を求める。