参院選の選挙期間2日目の23日、期日前投票が県内全41市町村で始まった。公休日の慰霊の日と重なり、各投票所には有権者が訪れ1票を託した。

参院選の期日前投票所で1票を投じる有権者=23日午後、那覇市泉崎・那覇市役所

 今回の参院選から選挙年齢が18歳以上に引き下げられることを受け、那覇市内の沖縄大学本館に30日午前10時~午後6時に期日前投票所が設置される。商業施設では与那原町のマリンプラザあがり浜に初めて期日前投票所が設けられ、7月1~9日の午後2~7時に投票が可能となる。

 県選挙管理委員会が発表した公示前の選挙人名簿登録者数は過去最多の115万1996人(在外登録者数を除く)で男性は56万1396人、女性が59万600人。