最終打者を空振り三振に取ると、浦添商業先発の大嵩博人は「どうだ」と言わんばかりに表情を引き締めた。那覇国際打線を3安打無四球に抑え完封し、最後の夏の初戦を飾った。  金城慶也捕手の「低めに集めて打たせて取る投球を求めた」との言葉通り、制球よくコーナーを突いた。