部員22人の名護商工が、昨年8強で部員100人超の知念を4-2で下した。昨年、美来工科にコールド負けしてから1年。就任2年目の安富大志監督は「価値ある1勝。選手たちが成長した」とたたえた。 七回を除く毎回、ヒットを打たれ、得点圏に走者を背負った。