高校野球の第98回全国選手権沖縄大会第5日は26日、宜野湾球場などで1回戦残り6試合が行われ、昭和薬科大付属、未来沖縄、美里工業、美里、宜野座、北山が2回戦に駒を進めた。

沖水-昭薬付 6回裏昭薬付1死満塁、内野ゴロの間に金城弘貴が5点目の生還。捕手・比嘉明秀=宜野湾球場(新垣亮撮影)

 昭薬付が2-3の六回、一挙4点を挙げ、9-3で沖縄水産に逆転勝ちした。未来沖は0-1の三回、中本康也の2点二塁打などで3得点し逆転。四回にも3点を追加し、粘る西原を6-5で振り切った。創部2年目で夏初勝利。

 美里工は11安打を放って五回までに5得点し、5-2で石川を下した。美里は沖縄高専を6-1で下し、3年ぶりに初戦突破した。宜野座はエース玉城楓が3安打完封し、4-0で中部商業を下した。北山は南部商業に10-0で六回コールド勝ちした。

 第6日は7月2日、沖縄セルラースタジアム那覇など3球場で2回戦8試合を行う。

<26日の試合>

▽1回戦

北山 10-0 南部商

宜野座 4-0 中部商

美里 6-1 沖高専

昭薬付 9-3 沖水

美里工 5-2 石川

未来沖 6-5 西原

<7月2日の試合>

▽2回戦

〈セルラー、9時〉

糸満-八商工

宮古-陽明

興南-豊見南

〈コザしんきん、9時〉

北中城-嘉手納

美来工-前原

那覇西-コザ

〈北谷、9時〉

読谷-宜野湾

那覇-名護