11安打を放った美里工業が石川を5-2で退けた。 1-0の五回表1死一、二塁、1年生の時から4番を打つ大田浩二が打席に立った。「流れをつくろう」とファウルで粘り8球目。真ん中低めの直球を右前にはじき返し、1点を追加した。続く5番名幸知希が中前への2点適時打を放つなど、この回で4点を挙げて突き放した。