創部2年目の未来沖縄が、最終盤の西原の反撃をしのいで夏初勝利を挙げた。 6-3の九回、四球と長打2本で1点差に迫られ、なお1死三塁のピンチ。捕手の新垣豪哉と宮城裕大のバッテリーは、6番打者の1球目を外して様子を見て「スクイズはない。打ってくる」と読み切った。