【名護】沖縄の自生種オキナワキョウチクトウ(キョウチクトウ科)が、市内の公園や街路樹で白い花を付けている。市真喜屋の奥武島の海岸では緑葉の影で良い香りを漂わせる白い花と、開花を待つつぼみが鮮やかに映えている。樹液が目に入ると腫れることから方言名はミーフックワーギ。別名のミフクラギも同じ意味を持つ。