【本部】ゴーヤーの大きさや形、出来栄えなどを競う第4回キンキンゴーヤースーブ大会(主催・同実行委員会)が25日、本部町かりゆし市場前広場であった。自宅の庭や畑で育てた23人が出品した。

育てたゴーヤーを手に喜ぶ入賞者ら=25日、本部町・かりゆし市場前広場

 ゴーヤーはすべて「キンキン(健堅)」と呼ばれる品種で、サイズは一般的なものより大きい。長さは50~60センチにもなる。肉厚で、苦みが少ないのが特徴という。

 総合評価で金賞には金城のり子さん、銀賞には仲宗根良子さん、銅賞には崎浜秀正さんがそれぞれ輝いた。

 平良武康副町長は「みなさんのゴーヤーに込められた思いを感じる。キンキンゴーヤーは本部町のブランドになりつつある。これを機に宣伝していければ」と講評した。