サトウキビの廃糖蜜で作ったバイオ燃料をガソリンに混合する「E3」を巡り、環境省の事業を点検する「行政事業レビュー」の外部有識者は28日、県内でE3の利用拡大を目指す事業を「廃止」と判定した。「目標である商業化への道筋が見えない」と指摘した。