沖縄県内の主要経済団体で構成する県経済団体会議(議長・國場幸一県商工会議所連合会会長)、おきなわ維新の会県総支部(儀間光男代表)、政党そうぞう(下地幹郎代表)は29日、参院選沖縄選挙区に立候補している自民党公認で現職の島尻安伊子氏(51)=公明推薦=の推薦を決定した。

島尻安伊子氏

 國場氏、儀間氏、下地氏は同日、那覇市内のホテルで政策覚書に調印した。

 (1)日米地位協定改定(2)教育・奨学金の支援制度の新設(3)米軍普天間飛行場の5年以内の閉鎖状態のための鹿児島県馬毛島での訓練施設建設(4)ユニバーサルスタジオ誘致-を盛り込み、政策実現のために参院選で協力できる候補者として島尻氏の推薦を決定した。