名護市辺野古への新基地建設工事に反対する市民ら約60人は30日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、建設工事や米軍関係者による事件事故に抗議した。午前9時半ごろには、ゲート出口を半分ふさぐようにして座り込み。約25分後に県警の機動隊員ら約20人が出動して、座り込む市民らを囲み、施設外へ出る米軍車両や大型トラックを誘導した。

ゲート前に座り込む市民らを取り囲み囲み、米軍車両の通行スペースを確保する県警ら=30日午前9時55分ごろ、名護市辺野古・米軍キャンプ・シュワブのゲート前