【宜野座】宜野座村議会が3日、元海兵隊員で米軍属による女性遺体遺棄事件への抗議で訪れた外務省沖縄事務所で、新里文彦村議が辺野古新基地建設に抗議する市民らが現場で米軍関係車両を止める行為を踏まえ、「基地反対がエスカレートしすぎて米軍(関係者)がストレスをためてやっている(事件事故を起こす)のかな。いろんな気持ちがあって今回の事件に至ったのかな」と発言した。

 新里氏は事件に抗議する意見書手交の際、水上正史沖縄担当大使にこう伝え、罪を犯した米兵らの心理把握を提案。水上大使は「今後の課題として、今言ったような理由でしているかは、防止策を考える上で有効だと思う」と答えた。

 新里氏は本紙取材に、自身は新基地建設に反対で、抗議行動自体は評価しているとした上で、抗議行動が事件事故の要因と言ったわけではなく、「ストレスになっているのではという推測だ」と説明。事件事故を起こした米兵らの動機を把握して新兵教育に生かすことで「未然防止につながるのではないかと思って提案した」と語った。

 水上大使は「犯罪の原因の一つとして、そういうもの(心理)をきちんと理解できれば犯罪防止になるという考えで伺った。耳にしたことない意見で新鮮に聞かせてもらった。参考にさせていただく」と述べた。